【セブ島】フィリピン・セブのタクシー事情

ASIA

カズマ
カズマ

セブのタクシーは日本では考えられないほどクレイジーでした。
セブタクシーを徹底分析していきます。

*1ペソ=2.2円で計算しております。 為替の変動により随一価格は変わります。 ご了承ください。

スポンサーリンク

セブでの基本的な交通手段

セブ島内を移動する際の基本的な交通手段としては以下の3つあります。

  • タクシー
  • バイクタクシー
  • ジプニー

値段は圧倒的にジプニーが安いです。

なんと8ペソ(約17.6円)から移動できます。

ですが難点としてどのジプニーがどこまで行くかというのがわからないということです。

バイクタクシーも交渉次第で安くなるのですが運転が荒く危険を伴います。

これは本当に稀なことなのですが現地の人でもバイクタクシーに乗っていると途中で降ろされ銃を突き付けられ所持品を取られることもあるそうです。

こういった点からみるとやはりタクシーに乗るのが無難でおすすめできます。

また日本より格段に安いですし!

セブのタクシー基本情報

初乗り料金

初乗り料金が40ペソ(約88円)です。

東京23区での初乗り料金が410円であるので東京に比べると約4.6分の1!です。

もし4人で乗った場合は1人当たり10ペソ(約22円)となるのでかなりお得です。

加算料金

・300メートルごとに3.5ペソ(約7.7円)

・1キロごとに13.5ペソ(約29.7円)

・2分ごと2ペソ(約4.4円)

このような料金体系となっています。

やはり日本により断然お得ですね。

目安としてはセブのit parkからSM Seaside City Cebuまで約8キロで220ペソ(約484円)ほどで行けます。

ほとんど日本の初乗りと同じ料金で行けますよ!

ですがこれはあくまで目安です。その時の交通状況によって大きく価格は変動します。

特に渋滞の激しい朝と夕方は気を付けましょう。

セブの渋滞は日本よりもかなりひどく本当に全く動きませんよ。ただメーターがどんどん上がっていくだけです。

タクシー内での言語

こちらはもちろん英語となっております。

ですが運転手によってかなり訛りがひどく聞き取れないことや通じないことが多々あります。

その時はあきらめるのではなく通じるまで粘りましょう。

そういう場合をあらかじめ想定して行きたいところをあらかじめMAPで検索しておいて乗ったらMAPを運転手に見せるのが一番スムーズでいいかもしれません。

カズマ
カズマ

お財布にも優しいセブのタクシーですが乗るときに気を付けなければならないことも多々あります。

セブのタクシーで注意すべきこと

メーターが使われているか必ず確認

タクシーが動き出したらまずはメーターが作動しているかどうか必ず確認してください。

もし作動していなかったら必ず運転手に”Use meter”と伝えてください。

メーターを利用しないで行くとあとで高額な料金を請求されトラブルのもととなります。

また悪質な運転手は初めからメーターを使おうとせずに料金を伝えてきます。

伝えられる料金はかなりの高額ですのでそのようなタクシーには絶対に乗らないでくださいね。

そういう場合は”No thanks”と伝え他のタクシーを捕まえるようにしましょう。

小銭を必ず用意しましょう

セブのタクシーはGrabで呼んだタクシー以外は現金のみの支払いとなります。

現金で払う際500ペソや1000ペソといった大きな札で払おうとすると断られます。

また払えたとしてもお釣りがないといわれ全額取られるようなこともしばしばあります。

細かいお金を持っておけばトラブルもなくスムーズに支払いが行えますので必ず用意しておきましょう。

チップは必要ない

セブのタクシーにチップはないです。

ですがたまにお釣りが出てくるはずなのにお釣りをチップといって取ってくる運転手がいます。

そういう場合は必ず返してもらうように言いましょう。たかが数十円だからいいやって諦めてるとどんどん日本人観光客がタクシー運転手からなめられてしまいます。

このようなトラブルをされるためあらかじめちょうどの料金を払いましょう。

もしちょうどなかったら「これしか持ってないねん」ってメーターより低い料金で交渉してみてください。

案外いけるものです。

深夜料金なんて存在しない

深夜にタクシーを乗ると深夜料金といって高額な料金を運転手たちは請求してきます。

ですが深夜料金なんて本当は存在しません。

何も知らないかもの観光客をだましてきます。

深夜料金なんてないから払わないといっても運転手はあきらめません。

そういう場合はGrabでタクシーを呼ぶか運転手に交渉してメーター+30~50くらいで交渉しましょう。

Grabタクシーは予約するのに+90ペソ取られるので粘り強く交渉した方が良いです。

タクシー内での忘れ物には注意して

タクシーから降りる際は必ず忘れ物がないか確認してください。

もし忘れ物をすると99%返ってきません。

チェックを怠らず降りてください。

タクシーの乗り方のまとめ

  • 行き先を伝える
  • メーターが動いているか確認する
  • 細かいお金を用意しておく
  • 降りる際に忘れ物がないかか確認する

最低限これだけ気を付けていれば大丈夫です。

いくら気を付けていても悪質なドライバーはいるのでいいドライバーであることを祈って乗るしかないですね。

ぼったくりのない楽しいセブ生活を送ってください。

ASIA
スポンサーリンク
KZMAXをフォローする
CMV

コメント

【CMV】

【CMV】のカズマです。国内から海外また空港ラウンジについてどんどん発信していきます。
KZMAX

学生ブロガーのカズマです。
国内外問わず旅行についてどんどん発信していきます。
旅行の際にはぜひ参考にしてくだされば幸いです。

KZMAXをフォローする
タイトルとURLをコピーしました